2010年1月12日火曜日

横書きフォント・縦書きフォント


MacOS Xの文字コードはユニコードが基本で、地図画像ビューア、SimpleDEMViewerなどもユニコードを用いています。ユニコードでは括弧や句読点など、縦書き用文字、横書き用文字があります。MacOS Xでは標準のAPIを用いて適切に設定すれば自動的に選択して描画してくれます。
XMapVの展望図で縦書きをサポートしていますが、括弧などは適切に描画します。しかし、データライブラリに置いた「ユーザメモデータ 日本の主な山」では括弧の一つとして <> を使用していますが、これは実際には括弧ではないので縦書き用文字がありません。そこで図の愛鷹山のようにおかしなことになってしまいます。複数の名称を持つ山の場合は 水晶岳(黒岳) と丸括弧にしているので問題ないが、 富士山<剣ヶ峯> のように総称とピーク名の場合とを区別したいので<>を使用したのが失敗でした。区別は残したいので、 富士山「剣ヶ峯」 とすれば図のようになるので、体裁が良くなります。データを修正しましょうかね。

0 件のコメント:

コメントを投稿