2010年1月9日土曜日

World Boundary Databank IIで正距方位図法

 表題のデータを利用してすっきりした東京中心の正距方位図法を作成してみました。SimpleDEMViewerを利用しているので標高データが必須ですが、今回はETOPO2を利用しました。ETOPO5でもGTOPO30でも問題ないです。グラデーション無し、陰影無しに設定。海をグレーにしたが、真っ白でももちろんOK。
中心部で1/2千万。等距離円の間隔は500km。
World Boundary Databank IIのデータが今回の目的には細かすぎて操作がかなり重いですね。

重いのは、経路データをメインウインドウに描画するときに使用している高速化手法を、図法画像では組込み忘れていたためでした。修正します。(2010/01/19追記)
3.8.5として公開しました。ついでに512x512のアイコンを組み込んだので余計に大きくなってます。(2010/01/20追記)

0 件のコメント:

コメントを投稿