2010年6月16日水曜日

宇宙ステーションからの富士山


国際宇宙ステーションからニコンのカメラで撮影した富士山の画像があります。鮮明に写っていますね。北緯34.3度、東経142度、高度354kmからだそうです。XMapV_100113で作成した展望図が添付画像の左側ですが、だいぶ潰れて見えます。60度近い俯角で下を向いているので致し方ないのですが、この図のように狭い範囲の時は方法がないかと検討した結果、見下ろし角のcosで調整すればいいのだと判り、対策した結果がXMapV_100616による右側の画像です。広い範囲を描画したらひずむのは同じですが、今回のように画角(2度)が狭い場合は有効ですね。
なお数値地図ビューアの展望図は高度の最高が100kmなのでこれと同じ画像は作成できません。

0 件のコメント:

コメントを投稿