2010年12月23日木曜日

ISDNから光電話へ

1995年にISDNを導入したが、当時はまだインターネットが一般的でなくパソコン通信の時代でした。モデムでの通信では回線品質が悪く9600bpsが精いっぱいで、19200は無理だと言うことでISDNの導入に踏切ったのです。当時洋雑誌で情報を得て米国の通販店とのやり取りにFaxを使用していましたが、返事の来るのが深夜になることが多く、電話のベルを鳴らしたくないと、番号を追加して一つをFax専用にしていました。
その後インターネットが一般的になり、Faxもほとんど使わなくなったのですが、シェアウエアサポートなどでFax番号を公開していることもあり、そのままにしていました。最近はめったにFax受信することもなく、無駄だなぁと感じていたのですが、住んでいるマンションのひかり電話でNTT番号を引継げることになったので、切替えることにしました。ついでにFax番号も廃止です。これで電話とインターネットを合わせた月々の料金も1500円以上安くなります。切替え時にトラブルがなければ言うことなし。
正月明けてからの切替え工事で本日機器が届いたのだが、接続設定で不明な部分があります。添付の書類を見てもホームゲートウエイのWAN側の設定について何も記述がない。光回線のKDDIのウエッブサイトにも説明がない。ホームゲートウエイのATermのサイトにもない。ISPであるso-netのページでやっと、回線側は自動で設定されるという記述を見つけた。送付された接続IDとパスワードは何のためだ? まだ不安が残るが工事日に来る業者に確認するしかないな。 まるきり知識が無ければ気にしないのかも知れないが...

2010/01/09追記:
4日に切り替ったが、ホームゲートウエイのWAN側設定はユーザは触れないようになっていた。AirMacを経由するが、二重NATだと警告が出た。AirMacが黄色ランプのままなので警告にしたがいブリッジ設定にした。自分で触れないルーター任せにするのは少し不安なのだが。電話の切替えは1週間ほど後になるそうだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿