2011年3月25日金曜日

5m標高データ 近江八幡

3/24 付で公開された基盤地図情報の中に表題のデータがあります。右図が提供範囲ですが、近江八幡といっても琵琶湖の対岸も広く入っています。大津や草津は既提供の「京都」に含まれているのでそれに接続する部分になります。琵琶湖の湖面データをSimpleDEMViewerで作成しましたが、湖面の標高が84.3mになっているので、32bitで変換しないと湖岸を正しく認識できません。ちなみに「京都」で提供された部分の琵琶湖の湖面標高は一定になっていないので、湖沼データを作成できません。
今回の標高データは写真測量を基にしたものなので、本来水部はデータ無し(-9999m)になるはずなのですが、なぜか琵琶湖の部分は値が設定されています。他の河川、湖沼部分は-9999mになっているのですがね。他に宇都宮と長野地区が提供されました。

0 件のコメント:

コメントを投稿