2012年3月26日月曜日

鳥瞰図

本日公開した SDVr4_100a10  でやっと任意方位の鳥瞰図をサポートしました。図は先に紹介した GEBCO のデータを利用しています。高さの強調は10倍。
 この任意方位のサポートは力技になってしまったので、ユーザデータの描画ができるかどうか心配。場合によってはロジック再考になるかも。OpenGL を使えば全体がすっきりするのは判るのだが、陰影効果が変わってカシミールのようにテカった印象になってしまうのは避けたい。ユーザからも「マットな感じに仕上るのがよい」と言われているし。もしかしたらOpenGLを使用してもできるのかも知れないが、経験不足で見当が付かない。

0 件のコメント:

コメントを投稿